『相対性理論を楽しむ本』をスキマ時間に読み進めてます

皆さまこんばんは。
大変お久しぶりです!
B子です。

最近色々ありまして、
なかなかブログを更新できず…涙
読んでくださっている方には大変申し訳ないです涙

先日買った株はまだ売っておらず…。
なんだか優待券が近々発行されるみたいなので、
ぜひゲットしてみようと思いキープしております♪
その後ちょっとくらい落ちるだろうな〜…
まぁ、また上がることもありましょうから。
ちなみに今は損してません♪

株を始めてからは、
夫との会話の内容のほとんどが株の話になってしまってます苦笑…
ちなみに夫の口座管理の画面は青色ばかり…(つまり、損しまくっているということです苦笑…)。




ところで私、かなり内向的な人間なので、
人に会ったりすることが多いと、
段々と電池切れになって元気をなくします。
無口になって、終いには無表情になります…。

なので、
そんな時には物理系の本を読んで元気を取り戻しています!
そういう本って、読んでるととっても落ち着くんですよね♪

なんでだろう?

なんだか、あったかい毛布に包まれているような、
そんな気分になるのです。
まぁ、簡単に言うと現実逃避に持って来いなのでしょう笑…

育児をしていると、
ゆっくり本を読む時間は、まぁないです笑
なので、読むペースがゲキ落ちします…苦笑

さて、相対性理論の話で有名な、
双子の話、皆さんはご存知ですか?

ご存知の方が多いと思いますが、
今日は少し私からもご紹介を♪

ある所に双子の兄弟がいました。

お兄さんは、
宇宙船に乗って光に限りなく近いスピードで
ある星まで行ってすぐ帰って来ました。

するとどうでしょう!

弟だったはずの人は、
お爺さんになっているではありませんか…‼︎
自分はまだ若いのに…。





加速度運動をしているものや人は、
時間の進み方が遅くなるそうです。

なので、ある星まで向かって行って、
戻ってくる行為、これは加速度運動になりますので、
お兄さんの時間はゆっくり進んだのです。

一方で、弟はずっと地球の上にいましたから、
時間はそのまま進みました。

これが、一般相対性理論の有名な話になります。


なんて面白いんでしょう!!!
小学生の時に初めてこの話を聞いたときは胸がときめいたのを覚えています。
今でもこういう話を聞くとワクワクしますけどね♪