お花のない世界

皆さまおはようございます。
B子です。

先日お花屋さんに行ってかすみ草とミニバラを買ってきました。
テーブルにパンくずがついているのは気にしないでください笑

私は月1ペースくらいで、
お花を家に飾りたい衝動に駆られます笑

おそらく、心の癒しを求めているのでしょう。

お花を見ると、なぜか癒される…

特にバラが好きで、
こんなに綺麗なものがこの世界にあるなんて、
ラッキーだななんてぼんやり考えてます笑…

今回はオレンジ色のミニバラを。

前回は黄色のバラを買いました。

以前は値段が安めのガーベラをよく買っていましたが、
最近はまぁいいや、好きなの買っちゃえ的なテンションでバラを買ってます笑

私の夫は、
「生産性」という価値観でもって殆どのことを判断してしまう性格で、生産性のないものは家に必要ないと考えているようです。

なので、夫の目には生産性がないように見える花は、
「なんで買うの?」と聞かれたりします。
無駄な消費としか考えられないんでしょうね。

彼の眼に映る世界には、
花なんてないんだろうな…。

なんてかわいそうな人なんだろうと、
嫌味っぽく考えたりします。

私にとって、
花を愛でる行為は、
クラシック音楽を聴いているのと同じです。

心の疲れを癒す、大切な時間。

まぁ、
心を癒されている私を第三者が側で見ても、
ただボケーっとしているようにしか見えないかもしれませんが苦笑…

私には大事な時間なんです…はい。

邪魔しないでくれって感じです…はい。

生産性だけで白黒つけるなよ…。

一見生産性のないことのように思えることも、
大事だったりするんだから。