機嫌の悪い時のINTP

今晩は皆さま。
B子です。

今日は日曜日。
いかがお過ごしでしょうか?

今年何回目だよって言いたくなる台風が、
また来ていますね…。
ホントに勘弁して欲しいです…。

インドネシアでも物凄い大きな地震があったようで、自然災害ってホントに怖いなと思います。


さて、
タイトルの件ですが、私今すごくすごく機嫌が悪いのです笑…

あっそって感じですが…苦笑

前に読んだ本に、INTPの負の面?みたいなことが書いてあったのを思い出しました。

どうも、INTP型の人が不貞腐れると、
他人を非難し始め、自ら孤立して行くそうですね…笑

それ、まさに私です笑…

あぁ、説明書のままなんて…。

なんだか分からないですけど、
私一旦そういうスイッチが入ると、
ありとあらゆる「グループ」から抜け出したくなる衝動に駆られるのです苦笑…

それで、手っ取り早いのがライン…笑笑

早速家族のグループラインから抜けてしまいました笑…

家族なら許してくれるだろうという深層心理からかもしれません。
一番先にターゲットになる…。

抜けられた側からすごく面倒くさいやつ認定されてるのは重々承知です笑

でもどうしても抜けたくなるんです。

こういうことって、皆さんありませんか?…
私だけでしょうか…?苦笑


思い返せば、
小学校低学年の時から、私は家族に違和感を感じていました。

どうしてか分からないけど、
なぜか自分の所属する場所じゃないような、そんな気持ちになったのです。

それで、家族で行動する時は、
よく一人だけ離れて後から着いて歩いていました。

そんな変な私を見た父が私の方に振り返り、
一言放ったのを覚えています。

「あの子、どこの子?」

勿論皮肉たっぷりに言ったジョークです。

でも子供だった私の心は傷ついた。

自分から離れて歩いてたくせにと思われても仕方ありませんよね笑…

でもどんな行動をしても、
大きな両手で受け止めて欲しかった。

あるがままの変な自分を、
そのまま愛して欲しかった。

そんな寛大な愛情に子供の頃から飢えていたのかもしれません。

欲求のまま行動したら受け入れてもらえない寂しさを、常に心の端っこに持ち合わせていました。

だからかな…?
今こうして家族のグループラインから外れる行為は、その時からの寂しさに対する不満のささやかや表現なのかもしれません。
ささやかな抵抗、意思表示なのかもしれません。

ありのままではどこにも属せない寂しさと、
どこにも属したくないわがままな気持ちが、
機嫌の悪い時にひょっこと顔を出す…。

この気持ち、どうしたらいいんでしょう苦笑…