『量子論を楽しむ本』を衝動買いした笑

皆さま今晩は。
B子です。

今日は日曜日。
B丸は珍しく18時台に寝ました笑

赤ちゃんは、
起きていたらかなり賑やかですが、
寝るといきなり静かになるので、
それはそれで寂しくなり、
ついつい様子を見に行ってしまいます笑…

さて、タイトルの件ですが、
また本の衝動買いをしてしまいました苦笑

Amazon、恐るべしです苦笑



自分の周りに物理に詳しい人がいるかというと、
別にそういうわけでもなく、
仕事で使うかと言うと、
使うチャンスは皆無なのですが、
私は何故か、知らないということが恥ずかしく思えてしまうのです。
そして、興味があるけど全く知らない世界については、知りたくなる。
そして、本を買う、というのを繰り返しています苦笑…
多分、死ぬまで続けるでしょう。

ところでこの本、
まだ最初の最初しか読んでませんが、
かなり面白そうです!

なんといっても、最初の序章の登場人物が、
アインシュタイン(相対性理論の人)とボーア(量子論の代表者)とシュレディンガーの猫なのです!笑笑

彼らの会話(著者による想像ですが)は
普通に面白い…笑笑
最初から、にやにや、にやにや…
1人でにやにや…
誰かが自分を見てたら、かなり気持ち悪がられる
だろうな…笑笑
まぁ、誰も見ていないので自由ということで。

章のタイトルを少し、
ご紹介しましょう。

例えば、
シュレディンガー方程式の誕生」
「確率解釈に反対したアインシュタインたち」
アインシュタインが主張した「隠れた変数」」
「大学院生エベレットの「パラレルワールド論」」
などです。

なんだか、ワクワクしてきませんか?
私は残念ながら速読ができず、
じっくり読むことしかできないので、
ワクワクした状態のまま最後のページまで
いくのは少し難しいのですが、
この本はぜひ最後まで読み尽くしたいと、
意気込んでいます笑!

また、読んだら感想を書こうと思います♬