くたばってました笑…

皆さまこんにちは。
B子です。

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。
今まさにお出かけ中でしょうか。

私はゴールデンウィークの前半戦で、
くたばりました笑…

ある日突然全身の筋肉が痛くなり、
38度前後の熱が1日続き、
食欲もなく、寝たきり状態でした…苦笑

どうも、今までの育児疲れがまとめて
出て来たようです苦笑…

休みなだけに、
緊張の糸が切れてしまったのでしょう。

翌日から、筋肉の痛みは取れ、
胃腸の調子の悪さだけが残りましたが、
まぁ大体治ったということで一安心笑

治ったのはいいのですが、
1日食べなかったせいで体重が1〜2キロ
(雑だな笑)減りました…。

筋肉を付けたいと思っているのに、
脂肪がないと筋肉がつかないではありませんか‼︎
ショック…。

くたばっていた最中、
もちろんほとんどの時間は布団の中で
寝ていたわけですが、
時々本に手を出したくなるわけです笑

そこでちらりと読んだのは、
以前買ったまま放っておいた統計学の本です。
いい感じに熟成されてきてましたね笑

この本、まだ前半の途中しか読んでませんが、
かなりわかりやすいです。
入門書なんで、難しいことは書いてないのでしょうが…。

著者は数学科を出られたようですが、
数学科って、どんな人が多い学科なんでしょう?
勝手なイメージですが、なんか天才がいそうです笑

説明の話に戻りますが、
数式とか理屈を、できるだけ日本語で書いている
というのがわかりやすい理由だと思います。

高校時代思っていたのですが、
数学のテストって、文字式という「言語」を
使った国語のテストなんじゃないかと…。
かなり物語っぽいなと、勝手に思ってました笑

また病に伏した時に読もっと♬