「MBTIへのいざない」第6章を読んでみた

こんにちは皆さま。
B子です。
今日は木曜日。明日は金曜日。
週の真ん中辺りって、だるいですよね…。
会社員の方は特にそう思われてるんじゃないでしょうか?
私は少なくともそうでした笑…
いつもお昼は同じ場所で同じメニューを食べていましたが、時に違うものでも食べようと冒険したりして気を紛らわせていました苦笑…
でも、そとにわざわざ出て並んでまで食べるのって、結構だるいし面倒くさい。
1時間の休憩があっという間に消えてしまう。
だから、それを考えて想像しただけで食べに行った
気になってしまって、結局「で、今日何食べよう?」の最初の質問に戻るんです笑
そんなつまらないことを考えずにさっさと仕事しろよと自分に突っ込みたくなる苦笑…

そんでもってあまりにどうでもいい問題なもんだから、終いにはもう食べなくてもいいんじゃね?ってなる笑…
でもやっぱりお腹が空くから、
外まで行って食べた場合とコンビニとかで
適当に済ませた場合のメリットデメリットを
天秤にかける…。
どうでもいい話が長すぎました。

第6章は、「情動の健康を維持するためのタイプの活用」がテーマです。
要は、各タイプの人が、どんな風に情動を認識し、
表現し、怒りを感じるかが書かれています。

以下、この章に記述されていたINTP型とISTP型の
情動に関する特徴について抜粋させていただきます。

【INTP】
🌼自己認識

知的な能力に自信があり、能力や実績に関連したことを現実的に自己評価に用いる。
やりとりや出来事からかなり経った後に、自分の情動を認識することがよくある。

たしかに〜…
あまりに大事なことだったりしたら、
合理的な思考が先取りしてしまって、
感情は後回しになっちゃったり…。
そんで、かなり後から湧いてきた感情に自分で驚く笑…💧

🌼自己制御

衝動を知的なことに向け、継続的に情動や衝動を認識するために内省する。
仕組みやメソッドそして目的にエネルギーを費やす。

ちょっと抽象的すぎてあまりピンと来ないな…

🌼情動の自己コントロール

複雑な問題に取り組み、最も優雅で論理的な回答を見出したときに情動的流れを体験する。
間違っていること、存在し得ない論理、絶え間ない非一貫性、自分の論理への感情的な攻撃が、情動的侵害と感じる。

はい、おっしゃる通りで笑
論理性に欠ける話し合いがあったら、速攻退場致します。参加できません。もうそれ以上話しても無駄じゃね?って思う。
あと、インスピレーションで思いついた仮説が論理的に繋がった時の喜びは忘れない♡

🌼表される共感

洞察を表したり、自己や他者の情動的な側面への理解を積極的に示したりすることはめったにない。
個人的な気持ちに対して特に居心地が悪いため、あえて関わらない。

うんうん、たしかにね。
あえて関わらない♪ むやみやたらに関わらない♪

🌼寛容

他者の観点が論理的また、合理的に提示されれば寛容を示す。
公平で考えや可能性について討論することには開かれている。

ご指摘の通り♪

🌼説得

よい印象を残すためではなく、よりよく理解するために他者の見解を求める。
考えを積極的に提供し、問題解決のときには、分析を通じて影響を与える。

ふーむ、そうかも笑
他者からの評価にあまり関心がないから、
別に良い印象を残すために何かしようとは思わない。
建設的な議論であれば、自分の考えを採用されなくてもいいから提供して何かしら貢献したいと思う。

【ISTP】
🌸自己認識

内に生じている心配や懸念ごとから逃れるのに十分な自信がある。
個人の強みを、生まれつきの適応性の延長と捉える。
情動にではなく、まずは迅速にタスクや向かうべき方向性に焦点を当てる。

最後の文、夫そのもの爆笑…
あまりに合理的だから、引くレベル…

🌸自己制御

すべてを自分と距離があることとして捉える気質、常に出来事を行動の機会を待っている傍観者として体験する。
出来事が起きてしばらくするまで、自分の情動的な反応に気づかないことがよくある。

最初の文、よく意味がわからない。

🌸情動の自己コントロール

特に危機的な状況で、プレッシャーのもとで冷静に対処しているときに、情動的流れを経験し、問題に対する実際的な解決策を見出すことを楽しむ。
継続的に自分の活動が妨害されたり、効率の良い論理的な分析にもとづいた行動に価値を見出さない人たちに、情動的侵害を感じる。

二文目、よくわかるわ〜
だから私にイライラするのね、いつまで経っても行動しないから苦笑…
理屈はわかるのよ?言ってることにも賛成してるのよ?でもね、そんなにやりたくないことまでテキパキ行動できたら苦労しませ〜ん

🌸表される共感

自分や他者の情動的な反応を見落とすことがあり、配慮に欠けているとか、素っ気ないと見られることもある。
論理的な原則が脅かされたときには、突然感情的になる。

一文目、あてはまる〜笑💧
時々サイコパスかと思っちゃう笑

🌸寛容

適応力があり、新しい状況の探求に積極的である。
情動的に関連する事柄にはあまり寛容するという忍耐を持っていない。

うん、そうだね。
その適応力、羨ましい!

🌸説得

豊富な知識と正確な詳細をもって他者を説得させる。
決定には論理的に論争し、基本的な原則に従う。

彼そういえばディベート大会で優勝したとか言ってたな…笑…