「加害者は変われるか?」を読んでみた

信田さよ子さんの「加害者は変われるか?」を
読んでみた。

心理カウンセラーとしての経験を通じて
考えた加害者と被害者の関係性や、
二者間の思考や認識のギャップが分かりやすく説明されている。

特に取り上げられていたのは、
家庭内暴力や痴漢などの犯罪行為について。

家庭内暴力でも、とりわけ夫が妻に対して行う
DVや夫が娘に対して行う性的虐待が例としてあげられていたが、内容は非常に凄まじく、
読んでいるだけでも、心が痛んだ。

大きな発見としては、
こうした夫達は、自分が加害者だという認識は
なく、むしろ「被害者」だという認識を強く持って
いるということ。
これには驚いた。

彼らの言い分としては、
「俺に暴力を振るわせる妻が悪い。」
「妻が自分の言うことを聞かないのが悪い」
などだ。

それで妻の髪の毛を引っ張って引きずり回したり
するとんでもない行為を正当化しているのには
呆れかえってしまった。

また、全てがこのパターンではないが、
幼少期に父親が母親にしていた虐待を正当化し、
大人になって自分も同じことを妻にするという
場合もあるようで、その場合は、
被害者である母親に対しての同情よりも、
同性である父親の側に同情する傾向があることに
ショックを受けた。

痴漢の例では、
加害者は、相手を人間として認識していない、
そこに恐怖や不快などの感情を持った1人の人間がいるという認識がないのだそうだ。
その環境自体に性的興奮を覚え、
相手の女性はその空間を作り出すための一部であり、
彼女に対する尊厳は一切存在しない。

前から思うのだが、
性的犯罪は再犯性が高いのは知られているのだから、
あっさりそんな犯罪者は片っ端から去勢させれば
いいのに…。
この考えは少し極端すぎるだろうか?
しかし被害者が次々に出て、彼女たちがPTSD
苦しみ、残りの人生をその苦しみと共に過ごす
ことを考えれば、そう残酷すぎる罰ではないと
思う。

去勢が男性にとってどれほどのインパクトを
持つのか女性のわたしには分からないが、
心無い犯罪によって身体も心もボロボロにされた
女性の苦しみだって、そんな男性には微塵も理解
されないだろう。

そういった犯罪者に対して、
一定期間における校正の効果と、再犯の確率を
実際のデータから比較して、もし後者の方が
可能性として高いのであれば、
校正なんて時間と労力、
果ては金の無駄なのではないかと思う。

なぜ加害者にはどんなに酷い罪を犯しても
立ち直るためのチャンスが与えられ、
被害者は泣き寝入りなど悔しい思いを味わわなければならないのか、理解できない。

この本は、
現実にあった話を取り上げている分
それぞれの問題の深刻さが分かり、
社会や家族の歪みが浮き彫りにされているので、
色んな学びがあるなと感じた。
一読をお勧めする。