無事出産致しました!

暫くブログを更新しておりませんでした、
失礼いたしました💦

実は、
先日無事に元気な赤ちゃんを出産致しました!
産後の入院等でバタバタしており、
なかなかブログを更新出来ませんでした💦

子供を産むということ、
この行為自体私にとって初めてで、
とっても新鮮で、掛け替えのない体験になりました☺️✨

ちょっとだけ、
私の出産に対する感想を書き記しておきますね。


一般的に、
出産って、赤ちゃんを生み出す時が、
つまりいきむ時が一番苦しいと思われがちかも
しれませんが、実はそれよりも、
いきんではいけない段階の方が苦しい場合が
多いそうです。
出産の過程は分娩第一期から第三期に別れており、
産む時、つまりいきむ時というのは、第二期に当たります。
第二期に移る直前の第一期の段階では、
子宮口が全開大といって、10センチ開くくらいにまで広がっていきます。

子宮口が10センチに達したら、
もう子宮口が裂けたりする恐れが少なくなるから
いきんでもいいのです。
しかし、9.5センチとか、10センチになる直前では、まだいきんではいけません。

陣痛と共に、赤ちゃんはだんだん下に降りてきて、
痛みは腰から肛門辺りまで、
段々と下がっていきます。
もう生まれる!って思ってしまうくらい、
骨盤の下のところまで痛みが下がってきて
どうしようもなく苦しいのが、第一期の最後です。
ここが、一番苦しい。

例えて言うなら、
自分はカンフーを習っていて、
充分戦える力を持っているのに、
相手にコテンパンになるまで殴られる。
もう死ぬんじゃないかってとこまで我慢して、
そこで審判が鐘を鳴らしたら反撃可能みたいな笑
とにかくそんな感じで、どう痛みを耐えるか、
痛みに対抗しないか、痛みを逃すかが重要なのです。

助産師の方に教わった「ヒッヒッフー」の
呼吸法も、この段階に入るともはや
「ヒッヒィ〜〜〜‼︎‼︎‼︎‼︎」になってしまうくらい、
痛くて苦しかったです。

私のお産は、
赤ちゃんが横向き?になっていて、
通常なら帝王切開になる分娩だったそうです。
産道も狭く、赤ちゃんにとっては出にくかった
そうです。
「もうすぐ生まれますか?」と
助産師さんに分娩室で聞いた時、
「まだ当分かな…」という回答が返ってきて、
私はとっさにそんなの嫌だ!と思いました。
だって、その時陣痛が始まってすでに30時間
以上が過ぎていたのでしたから。
二晩寝ていませんでした。
ずっと、5分間隔くらいの痛みに耐えてきていて、
もう気力も体力も限界に近づいていました。

こうなったら毎回のいきみを丁寧に、
全力を尽くすしか近道はないと考え、
とにかく助産師の方にアドバイスいただいたこと
を実践していきました。
そして、なんとか産み出したのです。
当分と言われて1時間後には産んでいたと思います。

赤ちゃんが生まれるとき、通常はまず頭が
出てきます。頭が出るまでは、
「髪の毛が見えてきましたよ!」とか言われて、
少しずつ外に顔を出してきます。
しかし、頭が出てからは、ブルリンッと全部
出てきます。多分先生とかが引っ張り出してくれてるのもあるのかな…?いかんせんよく自分では
見えませんから、詳細は分かりません。
でも、他の女性も、ブルリンと表現していました
ので、まぁそんな感じなんでしょう笑

出産に関して総じて言えるのは、
女性は痛みと離れられない関係にあるということ
ではないでしょうか。
出産も勿論痛い、出産した後も、子宮収縮の痛み、
会陰切開したなら膣の痛み、帝王切開なら帝王切開の痛み、腰痛等が待っています。
赤ちゃんに母乳をあげるときも
乳首が切れるような痛みを毎回味わいます。
乳房が張る方なら、張りの痛みで夜眠れない
こともあります。
出産時のいきみ方次第では首が痛い人や、
奥歯が痛い人など、症状も多岐に渡ります。
なんでこんなに女性ばっかり痛い思いをしないと
いけないのだろう?と考えてしまうくらい、
痛いことだらけです。

また、このことによって、
生まれてきた赤ちゃんは、
どんな顔をしていても、可愛く見えます。
どんなに皺くちゃでも、可愛いのです。
痛みの代償として、言ってみれば
「この痛みはすべて赤ちゃんのため」という、
痛みの理由付けの効果でしょう。
その愛おしいと思う感情によって、
その後の大変な子育てにも、耐えられるのでは
ないかと思います。
生物って、よくできていますね!