赤ちゃんが親を選んだ説に関して

ネット上をゆらゆら泳いでいると、
いろんな話題に触れることになる。

最近見つけた「まじかよ?」的な話題は、
本題の通り、「生まれてくる赤ちゃんは、
親を選んで来ている」というものだ。

え……
え……?
え〜?!って感じ笑

今自分は妊婦だから、
素直に「そうなんだ!余計に愛おしさが増してくるな♡」と反応すればいいものを、
いつもの悪いくせで、ついつい矛盾点を探そうと
してしまう苦笑…
これ、何に対してもこの姿勢(矛盾点探し)を貫いてしまうんだよな…(⌒-⌒; )

まず1つ目の疑問が、
ネットでも挙げられている育児放棄系の事件について。
ホントに親を空の上から選んだなら、何でそんな
すぐ自分が殺されるような親を選んだのか、
全く理解できない。
あと高校生とか中学生で予定外に妊娠してしまって
みたいなのって結構あると思うが、あれなんて
どうなるのでしょうか…?
学校のトイレで産んでしまってびっくりして流して赤ちゃんが死んだみたいな話を聞いたことがあるが、そんな親を選ぶだろうか?…微塵も解せない…
ついでに言うと、生まれた国の違いだけでも、
戦争とか貧困とか色々あったりして
人生全然違って不公平だよなと思ったりするのに…

2つ目の疑問は、
こういう発言(前世記憶)はなぜ胎内記憶と一緒に
まとめられるのかという点。
胎内記憶なら、科学的にも理解できる範疇にある。
胎児は生まれる前から聴覚や視覚が発達して、
妊娠後期にもなれば母親の声や他の人の声を聞き分けたり、光を感じ取ったり、臍の緒を引っ張って遊んだりするらしい。その頃には脳の記憶に関わる神経も発達しているから、その頃の記憶が残っていても何ら不思議ではない。
でも胎内記憶が認められるからといって、
前世記憶まで飛躍できるかというと、全く別の話
じゃないかと…。
これについては記憶が形成される過程についての
深い知識と理解が必要なのだろうが…うーぬ…
今の私にはない…(´・ω・`)
まぁ、もしかしたら科学の方が追いついてないだけ
という可能性もゼロではないが…
書籍まで出てたからびっくりしちゃったんだよな〜

もしこれがホントなら、子供と親の組み合わせが偶然性から必然性に変わるわけでしょ?…
信じられない一方で、本になるほどの発言量が
あったと言う事実にも驚かされるんだよなー…
うーぬ…この話題はもう少し寝かせよう