とあるINTP君の悩み

今日は、先日紹介させていただいたTruityというサイトに投稿されている

とあるINTP君(18歳)の悩みを紹介したい。

Careers for INTPs | Truity

※上記がURLで、原文は英語で書かれているので、私が勝手に意訳&要約いたしました。厳密さにはご容赦を!笑

 

INTP君(18歳):

こんにちは。僕はINTP型で現在18歳。

最近いつも将来の職業について悩まされてるんだ。

なぜって、僕の場合どの分野でも大抵出来がいいから(モチベーションはさておき)、

ついつい幅広く色んな分野の職業を選択肢として考えちゃうんだ。

結局どの分野もある程度できてしまうからこそ、はっきりした道が浮かび上がらないんだ。

今まで、僕は以下のような仕事を真剣に考えてみた。

高校の英語教師 / 大学教授/刺青師 / 政治分析家 / 軍隊…(以下省略)

今一番興味があるのは警察官。なぜなら、僕はめちゃめちゃ飽きっぽいから。

警察官の仕事なら、仕事内容も多岐に渡るし、身体も動かすしね。

典型的なINTPの仕事はこの中では政治分析家と大学教授だけで、

他のいくつかの職業は全然INTPには向いていなさそうなのもわかってる。

だけど、そういう職業でも僕にとってはいい側面があると思う。

長くなってしまったけど、結局僕は何を求めていったらいいのかわからない。

誰かアドバイスをくれると嬉しいな…。

 

 *******************************************************

とあるINTP先輩のアドバイス

こんにちは!僕はINTP型で現在29歳。

ちょうど僕が君くらいの頃と状況が似ているね。

僕も情熱をかけて取り組めることに関しては、基本的になんでも出来がよかったんだ。

でも、すぐに飽きちゃって、また別のことに熱中してしまう。

僕に言わせれば、僕たちのタイプっていうのは一言でいうと「問題解決人間」だね。

だから、問題は正直なんだっていい。解決(解き)たい問題であれば、問題自体が何の問題であろうと構わないんだ。僕たちINTPにとって大事なのは、それが「なんの問題なのか」ではなくて、問題を解く「過程が楽しいかどうか」なんだ。…(以下省略)

 *****************************************************

結局この先輩INTPさんは、大学の学部で建築学科を専攻し、修士でプロダクトデザインを研究された模様。商品のデザインは、消費者の需要を満たし、その時代にある問題を解決する必要があるから、あらゆる角度で追求できて、飽きが来ないとか。

 

う~ん、この先輩INTPさんが羨ましい。。。

私もいつか、そんな風に後輩(?)INTPさんにアドバイスできるように

なりたいなぁ…。

後悔しない自分の道を、見つけ出したいなあ。

でもこの先輩が仰っている通り、私たちにとって問題は何でもいいんだよな。

ここが肝で、私も大学時代、修士に行こうか本気で迷ったけれど、

結局行かなかったのはその分野で研究することの必然性を見いだせなかったから。

教授に「なんであなたはその研究をする必要があるの?」

といったような質問をされたとき、何も答えられなかった。

ただの偶然としかいいようがない。ただ目の前に面白そうな問題が転がっていて、

それに夢中になったから。ただそれだけ。

別に他の分野だって何の問題もないわけで…。

分野を問わず食いついてしまう特徴が、良くも悪くもINTPを悩ませる…。

 

この悩める18歳INTP君が、無事に自分の道を探し出すことを、心から願う☆