母性の現れ(妊娠中期)

最近、胎動を感じるようになって、
「ここに赤ちゃんがいるんだ」という実感が
増してきた。

今までは悪阻とかで、
普段とは体調が違うことを実感しても、
それが赤ちゃんがいるという認識にまでは
なかなか行き着かなかった。
「ホントにここに自分以外の生命があるの⁈
妊娠って不思議だな」という感じだった。

それが今では時々、
お腹をポンポンと優しく叩くと、
内側からパンチが返ってくる。
そういうことを繰り返すと、これって会話してる
っていえるんじゃないかなと思えてくる。
こちらが送った信号に対して反応を同じような手段
で返してくれるのだから、荒手の意思疎通ができた
と言えよう。
心が、あったかくなって、まだ見ぬ赤ちゃんに、
会いたくなる。
会って、長い間抱っこしてあげたい。
自分にはとても母性なんてないんだろうと思って
いたけど、これが母性なのかな…?

ところで赤ちゃんの言語発達は、
お母さんの会話量と強く関係していると学んだ
ことがある。それでいうと私は口数がどちらかと
いうと少ない方だから、多分赤ちゃんの言語発達は
すこしゆっくりになってしまうかも…。

また、赤ちゃんの言語に対する敏感期のピークは、
3歳頃だと学んだことがある。その時には、
できるだけ色んな言語の音楽を聴かせてあげたい。
別に何言語獲得させないとというわけではないけれど、
発音とかいう音を聞き取る力はその一時期で淘汰
されるのだから(耳にしなかった発音は聞き分けられなくなる)、聴かせて損はないだろうし、
私もそのお陰で音に対して今でも敏感になれるし…

話を母性に戻すが、
女性でも母性を感じさせる人と、
あまり感じられない人がいると思う。
つまり、程度が人によって違うと思うのだ。
ちなみに私の母は、優しかったが、母性はあまり
感じられなかった。なぜかは、よくわからない。
そのせいか、学生時代私は「母性に溢れた愛」を
どこかで渇望していて、そういうものを感じさせる
女性に会った時は、すごく心惹かれた。
自分はレズなんじゃないかと一瞬疑ったりしたが
(現状レズでもバイでもいいやと開き直っているが)
よくよく考えると多分そういうことなのだと思う。

母性に溢れた母親になれるかは少し不安だが、
愛情をめいいっぱい注いであげたいと思う。
寂しい思いは、絶対にさせたくない。