安定期に入りました

最近無事に安定期に入りました🌼
油断はできないけど、でも一安心。

妊娠してから、
今まで考えもしなかった考えるべき問題について
日々考えるようになった。

たとえば、
仕事のこと。子育てのこと。

私は女性だから、
妊娠する可能性ももちろんあったし、
それが近い将来来るかもしれないことだって、
予測できた。
けど、実際に妊娠検査ツールで発覚するまで、
自分のこととして本気で考えることができなかった。
目の前の仕事に追われて、
自分のキャリアを将来どういう方向に
持って行くのか、その問題だけでもかなり悩
ましかった。
そこに子育ての問題なんてプラスして考慮する
余裕は正直なかった。
ただでさえ未来設計がこの上なく苦手なのに…笑💧

多分当事者になって初めてそういうことを
真剣に考え始める女性って、
私だけじゃないんじゃないかな?…
それまでは、現実のこととして考えるのは難しかった。不妊もそうだけど、色んな不透明な可能性が
あり過ぎて…。ぼんやりしたシミュレーションしか
できない。

妊娠してつわりが始まって、
つわりの深刻度によってはそのまま仕事を
辞めざるを得なくなるかもしれないなと思いながら、
毎日朝から自分の身体に「大丈夫そう?」って
気遣う日々が続いた。
今まだ仕事を続けられてるのも、
奇跡の1つだと思う。
自分の身体の状態さえ日々読めないのに、
子供が生まれたらどうするかとか、
到底想像できない…
1人目だというのもあると思うけど、
本当に想像つかない。
仕事を例えば続けようと思ってそう決めたとしても、
じゃあ本当に子供が生まれたらできるのか、
心理的にはどうなっているのか、全く読めない。
幼い子供を保育園に預けて働いていたけど、
「寂しいの」と子供が漏らした言葉を契機に
仕事を辞めた女性の話なんかを聞くと、
将来について決められることなんてないんじゃ?
って思ってさえしまう。
今の私が、母親になった時の私と同じだとは
思えないから、だから色々なことをリアルに
想像できない…。うーん、悩ましい…。

なんでこんなに女性の人生は男性より複雑で
(語弊があったらごめんなさい)、重要な選択を
下す機会が多いんだろう?…
結婚による影響がこんなに大きいのは、
きっと男性ではなく女性の方。
責任持って子育てに専念すればいいと言われても、
今の世の中夫の稼ぎだけでやっていけるのは
全家庭にあてはまる話ではない。
女性は子育ても家計の一部も担うことが
期待されてるって、今更言うことでもないけど、
これって、当事者にならないとどれだけ大変なことか、
分からないと思う。想像を絶する過酷なことなんだ
ろうなと思う…。
介護まで重なったら間違いなく私だったら爆発する。

子育て自体にしても、
保育園に空きがあるのか、
何歳から行かせるのか、
将来どんな環境を用意してあげたらいいのか…
考えるだけで疑問はいくらでも出て来る…。

そもそもキャリアと子育ては、本当に相性が悪い
と最近思う。
キャリアは相当なことがない限りルールに従い、
各期ごとの成績を数値化し、可能な限り客観的
かつ長期的な目標なり評価を下す。
数値化し、見える化し、ルール化して、
関係者全員の行動を管理し、将来をより精密に
予測し計画する。
一方子育ては、数値化できることなんてあるの?
ってぐらいおそらく不透明なことばかりで…。
だって自分の母乳が出るかさえ分からないんだから…。
それなのに子育てのことも考慮に入れて
目標立てて数値化して将来設計しろ
って、無理がある。
会社の立場からしたら、もちろんその意図は
理解できる。ただ、相性が悪すぎると思うだけ。

あぁ、もうこれ以上考えてもなんの生産性もないから、
寝よう。結局なるようにしかならないんだしね…。