読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社交不安障害なわたし

そういえば、
私は過去に社交不安障害だと診断されたことがある。
正直そう診断されても、「まぁそうだろうな」
という感じだった。
驚きといったようなものはない。
普段から、集団行動が大嫌いで、
周りに人がいると落ち着かなかったからだ。
わざと自分に甘えて直そうとしないものと
いうよりは、直そうにも直せない自分の
一部といった感じなのだ。

診断を受けて以来、家族以外に社交不安障害だということを周りの人に口外したことは一度もない。
多分、損しかしないから。
あの人は生まれつき問題があって、
人との会話とか、そういった社会人として最低限
必要な能力を持ち合わせていない、
修正不可能な可哀想な(あるいは扱いが面倒な)
人なんだと思われるのが関の山だと予想が立つ。

そんな風に捉えられて、
私にとっていいことは1つもない。
言ったことで、できる仕事まで取り上げられて
しまうんじゃないかという不安が残るだけだ。

1人が好きなのだけど、
周りの人は、私が周りに壁を作っていると言う。
そんなつもりは全くないのに…。
会話に入ろうにも、適当なことを口にできず、
結果真剣に考えたことだけ一言二言話すだけに
なってしまう。

先輩社員から、「営業に向いてないよね」とか、
「コミュ二ケーション力が足りない」とか、
直接言われたこともある。
別に営業マンじゃないのだけど…。
(正直そこまで本人に言う先輩もおかしいと思うが)

そんなことだから、
私は他の病気の診断も、受けていない。
自分は自閉症の気があるだろうと前から思っているけど、それを知ったところで、
社交不安障害の診断を受けたのと同じことなのだから。
自分が知って、納得するだけ。
その結果を逐一周りに報告して、
自分の仕事や人間関係を脅かすことを、
自分からする必要は
ないはずだ。
会社にも、別に今まで自分の症状のせいで
何か問題を起こしたことはないのだし。
他者に対して何か明らかな損害を与え、
自分の日常生活にも悪影響を与えて支障を
来たす場合は、勿論報告する必要があるし、
治療をする必要もある。
でも、そこまでではない。
深刻度が、かなり中途半端なのだ。
周りからは改善をしようとしない向上心のないやつ
だと見なされ、生きづらさは感じるのだけど、
感じるだけで、別段何か実際に生活に支障を来たす
ほどの症状ではないのだ。
生活は、回っている。

足りないところがあるなら、
無理して補強せず、
できるところを伸ばしたらいいじゃない。
私にしかできないことはあまりないと思うけど、
大半の人より優れている点は、
私にもあるはずだから。

そこを自分も、周囲の人も、
お互いに認め合えばいいじゃない。

なんでこんなに、
できないことにフォーカスを当てられ、
生きづらさを感じないといけないんだろう?