読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜の鬱憤〜学歴編〜

社会人になると、
経験がものを言う。

理論よりも、
理解力よりも、
推察力よりも、
これまでのがんばりよりも、
目の前の仕事でのルールや要領を覚えたかどうかが、重要だ。

賢さとか、
正直関係ない。

そもそも、そんなに頭を使う仕事って、
世の中ほとんどない。

逆に誰でも大抵の場合職につけていられるのは、
そういう理由からだ。

会社も、黙って言うことを聞いてくれる人間、
もっというと、何を見ても疑問に思わないような
人間の方が都合がいいと思っている。

脳みその使用量、
あるいは活用能力が問われないという意味では、
学生時代のがんばりやそれに
関連する独特の能力から解放された、
言わば「平等な」社会といえる。

はっきり言ってものすごくつまらない…

自分より馬鹿な上司に偉そうに怒られることほど、
腹の立つことはない。

上はその立場を利用して、なんでも言えるのだ。

早くこのスパイラルから抜けださねば…!