読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮部みゆきの「蒲生邸事件」を読んで

最近小説が読みたくなって、
図書館へ駆け込んだ。

小説が読みたい時って、
大体違う世界に行きたい時、
つまり、現実逃避がしたいとき笑


この小説を選んだきっかけは、
たまたま図書館で本棚と本棚の間を
ウロウロしていて目にしたというのもあるが、
もう一つのきっかけは、
この小説が昭和の時代に連れて行ってくれる
からだ。

どうしてもビジネス本とかだと
現実の世界から離れることはできないが、
小説なら今の現代から丸っ切り切り離してくれる。
そこが魅力的だと思った笑

タイムスリップがこの小説の
大きなキーポイントになるのだけど、
それがとっても暗い印象を放っていて、
その暗さこそが、この小説の特徴とも言えた。

設定が明るくないということについては、
主人公がまず社会的な立場がないような
状態だということも一つある。
彼は浪人生で、高校生でもなければ、
大学生でもない。
そんなふわふわ宙ぶらりんで
憂鬱が常な彼が試験を終えて
東京の街をぶらぶらと歩く様子は、
暗い影を放った時間旅行者の男性が
何処か分からない時代へ
ふらっと行っては戻ってくる様子と、
どこか似ている。

もう一つ、
面白い点がある。
それは、タイムスリップする先の時代が、
主人公の生きている時代とかけ離れた距離
でないという点だ。
二・二六事件の前日に到着した主人公は、
その時代のある女性と出会う。
その女性がおばあさんになった頃、
本来の時代に主人公も生きているのだ。

ある日の記憶を共有した
2人の再会という設定を図った点が、
ただの時間旅行に、細い現実との繋がりを
作り出している。

小説全体の流れを通して、
どこにも着地することなく浮遊していた
主人公が徐々に現実世界で着地し、
自分の影を取り戻し、
幽霊から人間へと変化する姿が
面白く描かれた小説だと感じた。