リーマンやりたくない病

こんにちは。
B子です。

最近また、
サラリーマンしたくない病を発症してしまいました。

このコロナの時代、
仕事したくてもリストラされた方など、
様々な背景からこういうこと言うと文句を言われそうですが、
私はどんな時代にいても、たとえバブル期で成人を迎えていたとしても、サラリーマンしたくない人間だったと思います。

これは、もう、個性だと思うんです。
会社から家路まで歩いている時に、ふと思うんです。

「なんでサラリーマンという範囲で生活しないと、
はみ出しものとか、社会不適合者とか言われるんだろう?」

もちろんご自身でお店を開いたりして生活されている方も大勢いますから、彼らが社会不適合なわけないんですが、なぜか、「会社員やめたい」と周りに言うと、
こんな楽な仕事なのになんで辞めるなんて言うの?とか、給料もらってんだから、それくらい我慢しろよとか、ごちゃごちゃ言われますよね。

でも私思うんです。
みんながみんな、会社員として働く素質を持っている訳ではないと。

別にその枠にハマってなくても、いいじゃない。

逆になんでダメなの?


ハマれてないから苦しいわけで、
その漠然とした苦しさは、周りからは見えないんです。

私は社会人一年目から今の今まで、
会社員として働いてやりがいを感じたり、楽しいと感じたタイミングは一度もありません。

お金をもらっても、それ以上のストレスを感じているというか、あまり報われた気分になれないんです。

それは、もらった給料を好きに使えるほどお金持ちじゃないからなのかもしれませんが、なんともいえないモヤモヤ感があるんです。

もう、こんな気持ちで何年も過ぎていて、
そろそろ自分に正直に生きたいなって、思い始めました。

じゃあ何をしたいの?と言われると、
ぼんやりやりたいことは沢山あって、
やってみてから考えたいです。

何をしたら必ず成功するからとか、
成功するやり方しか許されない状況を求められがち(特に夫から)ですが、そんなカチコチな考え方だから、
結局何もチャレンジできないわけで…。

結局それで失敗しないけど得意でもなんでもないものに
しがみついてるから、自己肯定感だって上がるわけないじゃないですか。

もう周りの言うこと聞くいい子ちゃんはやめよう。

別記事で書こうと思いますが、
つい最近、私は2人目の子供を流産しました。

そのこともあって、
仕事スタイルについても、生活スタイルについても、
なんだか前より吹っ切れたかも。
もう誰の顔色も伺うのやめよう。

テレワークやパーテーションは、INTPの味方

皆さまお久しぶりです。
B子でございます。

緊急事態宣言も解除されましたが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私はB丸が保育園に再び通うようになり、
仕事も通常勤務に戻りました…。

正直言って、
テレワークをしていた時は、
子供が保育園に行けるのであれば、
天国だと思いましたね。

電車に乗る必要もないし、
化粧をする必要もないし、
パジャマでいいし、
最高でした。

実際在宅中はB丸がそばで騒いでいて、
むしろ出勤した方が楽だと言う点もありましたが、
コロナがあれだけ流行してた時だったので、
大変だとしても、家族が家にいて、少しでも感染リスクを減らせる方が良いと感じていました。


今通常勤務に戻ったものの、
オフィスでは各デスクにパーテーションが設けられ、
周りの社員の方とは隔離されたような状態になっています。

なんと快適なことか…!!!!


このパーテーション、永遠につけてほしいです。
これ、INTPの時代が来たんじゃね?!って思いました。

他のワイワイ系の方たちは、
病みそうなどと悲観してましたが、
私はむしろこの方がイキイキしてきます…!!

だって、
これで世間話とかする必要もなくなりましたし、
自分の世界に入りやすいですから。
自分のペースを損なわずに業務をこなすって、
大切だと思いません?


これで、週2日出勤、3日在宅にしてもらえたら、
もう言うことないのにな〜なんて、妄想してます。

そんな日が本当に来たらいいな…。
そしたら、もっとのびのび生活できそうな気がします。

皆さんの職場環境は、どうなっていますか?
もしよかったら、コメント欄にてご共有ください😙

ニュースを見る頻度を減らしました。

皆さまこんにちは。
B子です。

今日は日曜日。
と言ってもこんな状況じゃあ呑気に外にも出られませんね汗 
皆さまお元気にされているでしょうか?

私は昨日、ついに夜寝付きが悪くなるまで不安感に駆られたので、今日からその対策として、ニュースは極力朝と夕方の2回しか見ないことにしました。

ケータイとかいじっていると、
どうしてもついついニュース記事を見てしまったりして、気付いたらほとんど四六時中コロナニュースに触れているなんてことがあったからです。

やっぱり、不安になるような情報に逐一触れていると、
精神不安定にならない人はいないと思ったので…涙

そして、今日はそのおかげもあって、
少し気持ちが落ち着きました😌

こないだまでやっていた統計の勉強も、
再開することがやっとできました(コロナ不安で手につかなかったのです…)。

私のように、不安に駆られて普段していることも出来なくなってしまったという方がいらっしゃったら、ぜひやってみてくださいね。


皆さまが無事にこの辛い時期を乗り越えられること、心から願っています。

コロナ不安に震えています

皆さまお久しぶりです。
B子です。

コロナウイルスがとんでもなく世界中に広がっていますね…。
本当に恐ろしいなと思い、毎日蕁麻疹が上半身に出ながら出勤しています…涙

私は元々ビビリなタイプなので、
こういう状況下では、決して楽観視せず、
最大限リスクヘッジを図りたいと思っています。

それなのに、会社は在宅を推奨しない…
元々引き籠りの才能に溢れているタイプなのに、
その能力を発揮できず無理やり外に出されているという状態が、ものすごくストレスです…涙

でも、ふと思いました。


あれ?私、別にこの会社そんなに好きじゃなくね?


なんでこんなに危険に晒されながら労働しないといけないの?異常事態だ…!!!


ということで、
労働者としては使えない人間ですが、
だからこそ、進んで有休&休職しようと計画しています。

子供がいると、余計に無駄なリスクは負えません。
本当に、会社は人を守ってくれないな…と感じる今日この頃です。

皆さまも、特にブラック会社でお勤めの方は、
なによりも自分の命を大事に、軸に、行動してくださいね。
あなたのお母さんが、死に物狂いで産んだ命です。
絶対に、そこを間違えないでくださいね。

もちろん、生活のためのお金の問題もあるので簡単な話でないのは承知ですが、他に方法はないか、必死に考えるべき時期だと、強く感じています。


ところで、私は最近コロナ不安等で精神不安定になっているのですが(普段から不安定気味ではありますが苦笑)、気持ちを少しでも落ち着けるために、あるアプリをダウンロードしました。

普段なら絶対にダウンロードしないアプリですねw
皆さまの中にも、もし私のような精神不安定な状態にある方がいらっしゃいましたら、気休めにやってみてもいいかもしれません♪

ゲームなのですが、水やりと虫の駆除をするだけという、かなりシュールなゲームです笑

明日も、1人ロックダウンします。
おやすみなさい。

世の中白と黒じゃないらしい

皆さまこんにちは。
B子です。

いや〜、コロナやばいですね…。
皆さまご無事でしょうか?
未だに在宅を推奨しない会社にうんざりです。

こんな状況でも社畜精神を見せろというんでしょうかね…?

別に家で仕事してもサボりはしませんよ…。
私そこまで器用じゃないですしね苦笑

私嘘がつけない性格なので!
仮にサボったとして、サボったかどうか上司に問いただされたら、本当のことしか言えません…。

自分に不利になると分かっていても、
嘘がつけないし、
嘘をつこうとしたら顔に出てしまうんですよね…。

はぁ…

なんて不器用なんだ…。

真実に忠実すぎて、
苦笑いするしかないです…苦笑

タイトルの件ですが、
私はどうも、世の中を白と黒で分けてしまうみたいです。

嘘がつけないのもその特徴の一つなんでしょうが…。


はっきりさせないと困ってしまうという
傾向が人より強いんでしょうね。

言われたこととか、書かれたメッセージを読んだ時、
その意味が曖昧だと、あるいは複数の意味に解釈できると、ものすごく動揺します。

応答不能になる…。

メールの場合だと、
2分くらいは一時停止状態でメール文をひたすら見つめます…苦笑

「え?この人怒ってんの?」

文面とかからだと、特に意図がわかりにくく、
不安な気持ちになります。

相手が怒ってるんだか、
笑ってるんだか、全然わからない…涙

私のこと嫌ってるのかな…?

とか、色々考えるわけです。

仕事中だと特にそうですが、
絵文字が使えないせいで余計に感情の読み取りに困るんですよね…。

どんなテンションでどれくらいのトーンで言われてるのかわからない…。



世の中グレーゾーンというのがあって、
会社のルールでも、うまーく上司に好かれてグレーゾーンで許してもらえる人もいれば、私みたいに面と向かってクソ真面目に聞いてしまって拒否される人もいる…。

グレーゾーンを容認して、
あいまいな世界を生きることができたら、
もっと柔軟になれるのかな…?

そんなこと、私にできるのかな…?

多分私みたいな、INTPタイプの方は定義とか、
そういう風にはっきりくっきり明確にされていないと
気になる性質があるので、こういう問題で悩まされることがあるのではないかなと思って書きました。

良かったらコメント欄にご経験等ご共有ください!

千葉県 心愛ちゃん 児童虐待死事件

こんにちは皆さま。
B子です。

今日は朝から児童虐待関連のニュースが並んで、
すごく気分が落ち込みました…。

なんでこんなことが起こり得るんだろう…?

私にも何か出来ることはないのか…?

そんな思いがずっと胸の中で渦巻いています。

普段何もない日でも、
常に頭の片隅にこの問題は浮遊していますが、
ニュースとかで目撃すると、それが強いマイナスの気持ちとともに私の心臓を圧迫します…。

もう、涙が溢れないように必死に抑える感じ。

悲しすぎるよ…。

なんで誰も助けてあげられなかったんでしょうか…?

別に誰を責めたいから聞いているのではなく、
純粋に、周りにいた人の中で、誰も彼女を救い出す機会はなかったのだろうかと不思議でならないのです…。

そうだとしたら、
本当に日本は孤独な国なんだなと、
そう受け止めなければいけませんね。

今や孤独死が年間2万人くらいいるらしいですが、
それもこれも、孤独が生み出している産物のような気がしてなりません。

孤独が、犯罪者を、加害者を好き勝手にさせている…。

何時間にも、何日にも及んで行われた虐待に耐えている間、あの子は一体何を考えていたのでしょうか…。

辛い日々を、どう過ごしていたのでしょうか…?

決してわたしには彼女の気持ちを完全に理解することはできませんが、少し想像しただけで、もう涙が溢れてきます…。

このブログで今後ご共有するかは別として、
わたしは残りの人生の時間で、児童虐待の問題に少しでも力になり続けたいと思います。

どんな小さな行動でも、
何か変化を生み出すきっかけになるかもしれないから。

今日は心の中の叫びを吐露した形になってしまいましたが、ご容赦ください…。

『サイコパス』中野信子著

こんばんは皆さま。
B子です。

ずっとブログを更新しようと思っていたのに、
なかなか手につかずでした…苦笑

皆さまお元気にされてますでしょうか?
まだまだ冬が続き、寒さにうんざりしているところです…。

さて、去年の終わり頃に読んだ数冊の本をまだ
こちらでご紹介していなかったので、
少しずつですが書いていきたいと思います。

まずはこちら『サイコパス』…。

タイトルから好奇心をそそられますね。
サイコパスって、結構聞く言葉ですが、
実際のところどんな人のことを言うのか、
どんな特徴の持ち主なのか、言える人は少ないのではないでしょうか?

わたしもそんな1人でした。
けれどこの本を読んで、ある程度それがクリアになりましたね。

どんなことが書いてあるのかと言うと、
目次を少しお見せしますと…

うわ〜!
面白そう!!

前に読んだのにまた読みたくなってきました笑

要は、サイコパスという人間を、
身体的特徴や、心理的特徴、
脳の特徴、サイコパスの歴史、サイコパスがいかにして発見されてきたかについて書いてあるのです。

中にはいろいろな実験の内容や結果も載っていて、興味深かったです。

たとえば、人を不快にさせる言葉を見せて、
共感能力のレベルを測る実験とか…。

サイコパスの人って、共感能力低いからそういう言葉を見せても何も反応がないらしいです…苦笑

すごいですね…。
ちなみに私はサイコパスの要素は無さそうでした。
ホッ…。