B丸日記(多趾症手術 〜天井をみつめて〜)

皆さまこんばんは。
B子です。

今日は日曜日。
いかがお過ごしでしょうか?

私は最近物欲が出てきて大変です苦笑…
今まで物欲といえば本くらいだったのですが、
今は色んなものが欲しくなっています…。
そういう時期なのかなんなのかわかりませんが、
自分の変化に自分で驚いています笑…

さて、前回の続きをどうぞ…



************


「うん……僕の両親はきっと大丈夫…。後で電話してみるよ。」

夫は6本目の指から目が離せないまま、そう私に答えた。




出産が黎明であったため、病室に戻るとまだ朝の5時だった。
無事に赤ちゃんを産んだ興奮で、なかなか頭も身体も落ち着かない。ベッドに寝かされたまま、天井を見つめて色々と思いに耽った…。

(本当に産んだんだなぁ……。B丸、生まれたばかりだったのに、もう指を吸ってたなぁ……。エコーで見た時も、吸ってたもんなぁ…。指のこと、母さんには今日会ってから伝えよう…。父さんには、電話で伝えよう…。他の家族には、どうするか夫と相談しよう…。みんなどんな反応をするのかな…。)



考えを進めると、どうにも落ち着かなくなって、私は父に電話を掛けた。

「はい、もしもし?」
「あ、もしもし。私だけど…。朝早くにごめん。さっき無事に産んだよ。」
「……おぉ!そうか!はぁ……よかった、よかった…。いやいや、お疲れでした。ゆっくり休みなさい。無事に産めて本当に良かった!」
「あのさ……子供のことなんだけど……
足の指がさ………6本あった………」

いざ指のことを伝えようと思うと、緊張してスムーズに話せなかった。

「………ぇ………」

父の返事は、まるでガンの告知を受けたような、そんな口調だった。

「まぁ………そうかね………母さんは、もう知ってるんか?」
「ううん、今日病院で直接会った時に話そうと思ってる。」
「そうだね、その方がいいかもしれない。はぁ………しかし、人生何が起こるかわからないね。何か相談したいことがあれば、いつでも連絡しなさい。指のことも含めて。」
「……うん、ありがとう」

父との電話を終えると少し興奮が収まって、同時に眠気が襲ってきた…。








気がつくと、病室に朝食が運ばれてきた。もう食事制限しなくていいのだと思うと、幸せな気持ちでいっぱいになった。もう、いくら食べても誰にも責められない!

メニューは、カリカリに焼いたサンドイッチにゆで卵、りんごジュースと、ヨーグルトだった。

物凄い勢いで食べ終えると、まもなく夫と母が病室に現れた。
「おめでとう‼︎今朝生まれたんだね!お花、持ってきたわよ!」
母は嬉しそうな笑みを浮かべながら、病室に花束を飾った。

「赤ちゃん、今別室に預けてるから、呼んでくるね。」

私はそう言うと、B丸を迎えに部屋を出た。

B丸は、バスタオルと掛け布団に包まれて、透明なベビーベッドに寝かされていた。

病室に連れて行くと、母は宝物を見るかのように、目を細めて微笑んだ。
「おぉ〜…。小さくて可愛いねぇ…。寝てる…♡」
「生まれて来た時、すぐに指を咥えてたのよ笑」
「まぁ!笑 お腹が空いてたのかね?笑 甘えんぼさんかな?」

このまま微笑ましい会話を続けても良かったが、口下手な私は早く大事な話をしないといけないと思った…。

「さっき、助産師さんがB丸の足型を取ってくれたよ!母さんも見てみて!」
「あら!ホントだ。可愛い足ねぇ♡小さい♡」

足の指が何本あるかなんて、こういう時には人はよく見てないらしい。足跡がついた紙を見せても、母は自分では気がつかなかった。

「ねぇ、その足型、指が何本あるか数えてみて。」
「…ほ?…」

何のことだというような顔をこちらに向けて、そのあと紙の上の指の数を数え始めた…。

「1、2、3、4、5、6?………ほ?………」

まだ状況がうまく理解できていないらしい。6まで数えて、首を傾げた…。

「この子、指が6本あるの。助産師さんが、この足型から写真立てを作るから、最後の指の型を消すかどうか、決めてほしいって…。」

ようやく事態を飲み込んだらしい。母の顔色が、少し真剣になった。

*********

続きはまた後日書きます💦

B丸日記(多趾症手術 〜はじめましてB丸〜)

皆さまこんにちは。
B子です。

今日は金曜日。
いかがお過ごしでしょうか?
あったかい飲み物でも飲んで、ゆっくりしてくださいね。

実は今までブログで一度も触れていませんでしたが、
B丸が手術をしました。

はじめての子供で手術を経験した今の自分の思いが
色褪せる前に、ここに記録として書いておきたいと思います。

ちょっと小説みたいな?、日記みたいな?書き方になるかもしれませんが、ご容赦ください笑💦

***********

2018年11月16日、この日が来ることを私は1年近く前から知りながら、心のどこかで悶々としていた…。

約1年前、分娩台に乗って回旋異常を助産師に告げられながら、死に物狂いで息子を産んだのは昨日の事のように覚えている。顔面蒼白になりながら、ありったけの力を振り絞って数分おきに襲いかかる陣痛に耐えていると、何度目かのいきみで、息子はこの世に顔を覗かせた。
「おめでとうございます!!」
医師と助産師の方々が大きな声で、もうこの痛みとお別れできることを私に教えてくれた…。

(はぁ…もう終わったんだ…。やっと…終わったんだ…)

そう思った瞬間、息子は溺れたような産声を上げた。
「アブブブブ…オギャア…‼︎」

当時の感動を簡単な言葉で表現するとすれば、それは「感謝」だ。

生まれて間もなく真っ白なタオルに包まれ、透明なケースに寝かされている息子の姿を、私は分娩台に乗ったまま首を伸ばし、少しでも見たいと思った。
この世のものとは思えない痛みに耐えた末に得たものを、この目で確認したかったのだ。

私の右側斜め後ろくらいに寝かされていた息子…。
タオルのせいで、その角度からは彼の足の先しか見えなかったが、私の心臓は十分に高鳴っていた…。

可愛い足が覗いている…。
グリンピースみたいな足の指を見ると、愛らしさがこみ上げてきて、私は思わず心の中で呟いた…。

(可愛い指が、1…2…3…4…5……… ん?)

私の目は出産の疲労のせいで酷く弱っているようだ。
数もろくに数えられない…。

それでも嬉しい気持ちを抑えられず、もう一度心の中で呟いてみた…。

(小さい指が、1…2…3…4…5………6?………あれ?)

やっぱり私の目はどうも疲れ切っているようだ。
だって、どうしても指が6本あるように見えるんだから…。

しかし、そんなことはどうでもいいのだ。
しっかり元気な産声をあげて生まれてきてくれた息子。
回旋異常にもなりながら、帝王切開にならずに生まれてきてくれた息子。
よく頑張ってくれたね!

10ヶ月間という長い間私のお腹の中で一緒に過ごしたことによる彼への愛着が、目の前の赤ん坊を見て確信に至った…。

この子のためなら死んだって構わない…。
もうそれくらい、私にとってこの子の命は大切なのだ。






間もなく夫が分娩室のドア付近に現れた。

すでに、彼の目の周りが湿っていた。

恐る恐る息子の近くに近寄り、じっと見つめる…。
「う…う〜…。ありがとう…涙。よくがんばったね…涙」


新しい命との感動の出会いを噛みしめている私たちの間に、担当医が口を挟んだ。

「ご出産おめでとうございます。今から、とっても大事なお話があります。」

夫は濡れた眼をパチクリさせながら、医師の方に顔を向けた。

「脚の指のことでしょうか…?」

先生が重たそうな口を再び開く前に、わたしは咄嗟にそう言ってしまった。

「あれ?もう聞きましたか?」

「いえ、自分で数えたんです…。」

一番言いにくいセリフを代わりに言ってもらって肩の荷が下りたような、分かりやすい表情の変化だった。



やっぱり、6本なんだ……



私の目は、まだ機能を果たしていたんだ…。


たまたま先生の発言を予測できていたことで、私は息子に指が6本あるという事実に対して、特別何か強い感情を抱かなかった。

すると、隣で聞いていた助産師の1人が、目をウルウルさせながら、私の手を取って言った。

「私の知っている人の娘さんも、指が多かったの…。お母さんはそれを知って大声で泣いていたわ…。でもね、今は手術も終えてすっかり綺麗になったのよ!だから、きっと大丈夫よ、ね。」

「はい…」

(どうしてそのお母さんは、大声で泣いたんだろう?)

慰められていることはよくわかったが、その他のことは、私は全く理解出来なかった…。

夫の顔を見ると、彼の目は赤ん坊の足の指に釘付けになっている…。

「指が1本多いくらい、あなた気にしないでしょ?
あなたのご両親は、気にするかしら?…」

私が咄嗟に不安になったのは、彼の親の反応だった…。

**************


時間が遅くなったので、続きは後日書きます💦

★INTPのオフ会について★

皆さまおはようございます。
B子です。

今日は火曜日ですね。
お元気にされてますでしょうか?
私は最近夫との喧嘩が絶えません…苦笑
いっそのこと別居した方が幸せになれるような気がします笑…(離婚フラグ立ってる?笑)

さて、先日かる〜くご案内したINTPのオフ会ですが、
関東地域希望の方がなんと2名にのぼりました!笑✨
開催しようと思えばできる人数に達しましたので、
そちらの記事のコメント欄にどうしますか的なコメントを載せております♪
そういえば私も参加できるかもという方がいらっしゃる場合は、ぜひご参加ください!
コメントは、先日のブログ「もしINTPのオフ会をしたら」にお願い致します♪

お花のない世界

皆さまおはようございます。
B子です。

先日お花屋さんに行ってかすみ草とミニバラを買ってきました。
テーブルにパンくずがついているのは気にしないでください笑

私は月1ペースくらいで、
お花を家に飾りたい衝動に駆られます笑

おそらく、心の癒しを求めているのでしょう。

お花を見ると、なぜか癒される…

特にバラが好きで、
こんなに綺麗なものがこの世界にあるなんて、
ラッキーだななんてぼんやり考えてます笑…

今回はオレンジ色のミニバラを。

前回は黄色のバラを買いました。

以前は値段が安めのガーベラをよく買っていましたが、
最近はまぁいいや、好きなの買っちゃえ的なテンションでバラを買ってます笑

私の夫は、
「生産性」という価値観でもって殆どのことを判断してしまう性格で、生産性のないものは家に必要ないと考えているようです。

なので、夫の目には生産性がないように見える花は、
「なんで買うの?」と聞かれたりします。
無駄な消費としか考えられないんでしょうね。

彼の眼に映る世界には、
花なんてないんだろうな…。

なんてかわいそうな人なんだろうと、
嫌味っぽく考えたりします。

私にとって、
花を愛でる行為は、
クラシック音楽を聴いているのと同じです。

心の疲れを癒す、大切な時間。

まぁ、
心を癒されている私を第三者が側で見ても、
ただボケーっとしているようにしか見えないかもしれませんが苦笑…

私には大事な時間なんです…はい。

邪魔しないでくれって感じです…はい。

生産性だけで白黒つけるなよ…。

一見生産性のないことのように思えることも、
大事だったりするんだから。

B丸日記(10ヶ月)

皆さまこんにちは。

B子です。

 

今日は水曜日。

いかがお過ごしでしょうか?

だいぶ寒くなってきました。

外出の際には十分に着てください。

私はよく、これで足りるだろと思ってやや薄着になってしまい、寒い思いをするというのをこの微量な冬に入りかけの時期にやってしまいます。

逆に寒い冬になると、平均的な人たちよりも厚着をしています笑

 

さて、久しぶりにB丸が寝ている間に漫画を描きました。雑ですが、よかったら見てください♪

 

f:id:vividbanana:20181107112640j:plain

 

この頃の赤ちゃんは、

記憶能力が高まって、お母さんが近くにいないと

すごく不安になったりして、ちょっと離れると大騒ぎしたりするみたいですね。

B丸もそうです…。

トイレくらい1人で行かせてくれ〜と思いながら苦笑…

サークルの中で遊んでいる時も、

私がケイタイをチェックしだすとすぐに寄ってきて

オモチャを渡してくれたり、サークルに付いている音楽ボタンを押して気を引こうとしたりしてくれます笑笑

もう、母親にベタベタです。

例えていうなら、付き合い始めのバカップルレベルです笑笑

 

みんなこういうプロセスを経て大人になったのかと思うと、前とは違った風に大人を見てしまいます笑

これを読んでくれているあなたも、

そんな時期があったに違いありません!笑笑

目の下にクマ

皆さまこんにちは。
B子です。

今日は土曜日。
いかがお過ごしでしょうか?

私は人生初の、
目の下のクマに若干悩まされています苦笑
B丸と過ごしてもうすぐ1年…。
夜は毎日平均3回起こされ、授乳をしたり抱っこしたりでぐっすり連続した時間寝るのはまず不可能な日々を送っています。

子育てしてるんだから、当たり前でしょと言われればそれまでですが、これ、実際にやってみると結構キツイです苦笑…

私は今まで、大学受験期間さえ7時間は必ず寝てた人間ですから、目の下にクマができるなんてことは人生で一度もありませんでした。

それが今、できました…。

あー…外に出るならファンデーションとやらで覆い隠さねばと思い、
これが契機となってコスメに少し関心も出て参りました笑

このままお化粧のお勉強なんかしたら、
色々人生変わるのかな…?

純粋にお化粧だけには関心が向きませんが、
どういう風にどういう商品を使うとどんな風にビジュアルに変化がでるのか、それを理屈で理解するのだったら、興味が湧きそうです。


もしもお化粧に目覚めたりなんかしたら、
このブログで触れますね笑笑

今日は土曜日。
皆さま思う存分寝て、日頃の寝不足を解消してくださいね。

アルキメデス可哀想…!

皆さまこんにちは。
B子です。

今日はいかがお過ごしでしょうか?
私は最近姑にうんざりしています苦笑…

一々文句のようなつぶやきを隣でされるので、
イライライライラ…。
自分流を押し付けるのマジでやめてほしい…。
私のやり方に一々ケチつけるのやめてほしい…。

元々介入されるのが大嫌いな性格なので、
ストレスが溜まりやすいです…苦笑

あー…一人で部屋に閉じこもりたい…



さて、タイトルの件ですが、
こないだ買った『美しい数学』を読んでいると、
アルキメデスの話が出てきました。

ちょっと話がうろ覚えかもですが、
私の言葉で少し内容を紹介しますね。

アルキメデスは数学の天才で、
いつも地面に木の枝で図形を描いては1人で考えを巡らせていたそうです。

彼の天才ぶりは有名で、
彼の国の王様も、戦争中であっても彼には数学をやらせておけと命令していたそうです。
そして、敵国の王様も、彼を殺すな、彼には数学をやらせておけと命じていたそうです笑笑
すごい話ですね!

そしてある日、戦争のさなか彼が地面にいつものごとく図形を描いて考えにふけっていると、
敵国の兵士が彼のそばまで来たそうです。
アルキメデスが「この図形に近づくな!」と言ったところ、その兵士は彼のその偉そうな態度に腹が立って、
その場でアルキメデスを殺してしまったのです…涙

彼の死は、国王も悲しんで、
彼の墓には、彼への敬意を表するために、
数学の図形が刻まれましたとさ…。

いかがでしょうか。
私は天才って、すごいなと思いました。
どんな環境にいても、その一点に集中する力を持っている…。
周りのことなんかどうでもいいんでしょうね!笑
こういう人、今の世界だと(昔もそうかも)生きづらいだろうけど、こういう人に寛容になれる空気ってほしいですよね。
みんなと合わせないとダメ、注目されるから、孤立するから、なんでみんなに合わせないの?的な空気は大嫌いです笑
アルキメデスに乾杯!